業者の選び方

注文住宅を建てる際に欠かすことができない存在が、建築業者です。建築業者は、工務店からハウスメーカーまで多種多様に存在しています。その中から自分にとって最も良い注文住宅を建てるために必要となる業者の選び方を紹介します。

建てる住宅の種類は?業者の得意分野から選ぶ

注文住宅の魅力といえば、間取りやデザインさらに予算に至るまで、自分たちの理想や都合に合わせながら、自由自在に設計できる点でしょう。ただし自由度が高い分だけ、あらかじめしっかりとした知識やプランが無…

任せることができる?担当者が信頼できるのかで選ぶ

不動産業者選びでは、担当者との相性を見極めることも大切です。担当者と相性が悪いと自分の希望が伝えづらくなったり、全てお任せすることも難しくなります。信頼関係が上手く築けないと不信感が生まれてしまっ…

ずっと安心して住める?アフターフォローがあるのかで選ぶ

注文住宅を建てる際には、建築業者選びが非常に重要となります。業者の選び方には様々な基準があり、得意分野や相性、丁寧さなどもそのひとつです。その中のひとつとして、アフターフォローがあるのかといった観…

注文住宅と分譲住宅の違い

注文住宅とは施主自身が、設計士や設計施工を請け負う工務店などと共に一から作り上げられた戸建ての住宅です。分譲住宅とは、メーカーによってすでに建てられた住宅のことです。

建築費用

注文住宅はいくらでもお金を掛けようと思えば、掛けることができます。しかし、湯水のようにつぎ込むことができる人は限られています。限られた予算内でできるだけ満足できる注文住宅を建てるための方法について紹介します。

調査!注文住宅の相場とは

夢のマイホームを注文住宅という形で購入する場合には、建売の一戸建て住宅を購入するよりも基本的には高くなります。もちろん、どのあたりの土地を購入して家を建てるのかによって大きく変わりますが、土地のこ…

無駄を省こう!シンプルなつくりの家

注文住宅を作る時には、できるだけシンプルな方がお得な場合があります。シンプルとは、無駄のないという意味を持つ言葉です。住宅では装飾があまりされていない家のことで、味気ないというイメージを持つ人もい…

作りやすさがポイント!水回りをまとめる

効果的に建築費用を抑えられる

水回りをまとめれば設備の運搬作業が楽になりますし、作業が迅速に進むので工事費用を抑えられます。注文住宅で理想と住みやすさを追求するなら、3,000万円以上の予算を用意するのが好ましいです。一般的に2,000万円台だとこだわるポイント・こだわらないポイントのメリハリをつける必要性が出てきます。外壁や屋根などのコストを削減すると、塗料の品質を下げる必要性が出てきたりします。一方で水回りをまとめる方法は、設備の利便性とコストダウンを両立できるのです。家事を担っている主婦の声を聞くと、水回りをまとめてよかったという意見が多いです。水回りが集中していると、料理と洗濯をしながら子どもの面倒を見るといったことも可能になります。

水回りをまとめるメリットは大きい

注文住宅の建築費用を抑えるには、設備の分散を避ける必要があります。水回りという言葉のとおり、水を使用する設備は一か所に集中させたほうが使い勝手がよいのです。料理をしながらメイクをする、洗濯をしながら掃除もする、といった方は多いでしょう。さらに設備が近ければ配管の設置も容易になるので建築費用を抑えられるのです。当然ながら注文住宅は造りが複雑になるほど費用が高額になります。 水回りをまとめることで騒音が大きくなるなどの問題はありますが、それよりも圧倒的にメリットのほうが多いです。生活動線がシンプルになるので、スペースに余裕がなくても狭さを感じにくくなります。特に大家族の家庭では生活動線をシンプルに結ぶ必要性が大きいです。ストレスを感じない家造りのためにも、水回りは一か所にまとめましょう。